会員制サイトを構築する

WordPressで会員制サイトを構築するには大きく分けて、次の2つの方法があります。

方法1:パスワード保護

WordPressには投稿や固定ページをパスワードで保護する機能があります。厳密な意味では会員制サイトとは違うかもしれませんが、有料のコンテンツを公開するときなどに手っ取り早い方法です。

このページでは、パスワード保護したうえで、Uridasの機能を使って表示するメッセージを変更する方法をご紹介します。

方法2:本格的な会員制サイトの構築

もうひとつはプラグインを使って、会員登録機能などを含む本格的な会員制サイトを構築する方法です。こちらは、構築にやや手間がかかりますが、やろうとしているビジネスによっては必要になる場合もあるかと思います。

「Theme My Login」プラグインを使った会員制サイトの構築手順を以下の記事で紹介しています。

WordPressで会員制の素材サイトを作るためにやったこと

 

それでは、【方法1】のパスワード保護のやり方を紹介していきます。

投稿や固定ページをパスワードで保護する

membership-01

投稿、または固定ページの編集画面の右側で、公開状態の「編集」をクリックします。

membership-02

「パスワード保護」を選択すると、パスワードを入力するためのテキストボックスが表示されます。こちらにパスワードを入力して、「OK」をクリックします。

この状態で、投稿、または固定ページを公開すると、パスワードを知ってる人以外は記事本文を見ることができなくなります。

パスワード保護のメッセージを変更する

membership-03

パスワード保護したページは、上記のようにパスワード入力用のフォームが表示されます。そのすぐ上に表示されている文面を変更する方法をご紹介します。

membership-05

カスタマイズ画面で「パスワード保護の設定」をクリックします。

membership-06

「表示する文面」に表示したい文面を入力して保存をクリックします。

membership-04

入力した文面が上記のように反映されました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です