CTAを作成する

CTAとはCall to Actionの略で、行動を引き起こすことです。ここでは、記事のすぐ下に表示する、メルマガへの登録案内や商品のセールスのための表示をCTAと呼んでいます。CTAの作成・設定方法をご紹介します。

2016/9/8追記:バージョンアップでCTAの全体設定を追加しました。

1.CTAの新規追加を開く

cta-01

ダッシュボードのメニューからCTA新規追加をクリックします。

2.CTAを作成する

cta-02

順番に項目を入力していきます。

まず、タイトルですが、ここは表示には使われませんので、管理のために分かりやすい名前を指定して下さい。

そして、CTAのレイアウトでどのような表示にするかを決めます。選択肢は次の3つです。

  1. 画像と文章とボタン
  2. 文章とボタン
  3. 画像のみ

「1.画像と文章とボタン」を例に設定していきます。

cta-03

見出しテキストを入力して、画像を設定します。さらに、ボタンに表示するテキストリンク先のURLを指定します。

配色も指定できますが、ここではデフォルトのままで作業を進めます。

cta-04

画面右上の「公開」をクリックして、CTAの作成が完了です。次に、投稿にCTAを設定する作業に進みます。

3. 投稿にCTAを表示する

cta-05

投稿一覧の画面から、CTAを表示したい投稿を選んで、編集画面を表示します。

画面を下にスクロールして、投稿本文の下にある「CTAの設定」の項目を設定していきます。CTAを表示するのスイッチをONにすると、すぐ下にCTAの選択のドロップダウンリストが出現します。そこで、先ほど作成したCTAを選択します。

更新」のボタンを押せば作業完了です。

cta-06

想定したとおりにCTAが表示されていることを確認します。

※追記:CTAの全体設定を追加しました

当初は、記事ごとにCTAを設定していくやり方をご紹介していましたが、それとは別にカスタマイズ画面に全体設定の項目を追加しました。こちらの設定を行うと、すべての投稿に指定したCTAを表示させることができます。(なお、投稿ごとに設定している場合はそちらが優先されます。)

ダッシュボードのメニューから外観カスタマイズをクリックしてカスタマイズ画面を開きます。そして、投稿の設定を開きます。

cta_add

下にスクロールして、「すべての投稿に表示するCTA」のドロップダウンリストから、作成したCTAを選択することができます。「保存して公開」のボタンを押すことで公開されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です